京都・白浜法律事務所の弁護士費用はお気軽にご相談ください

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ

労働審判

労働審判のケース

事案

運送業を営んでいる株式会社(依頼者)は、トラック運転手をしていた従業員から突然に退職を申し出られ、その後、従業員の代理人に就任したという弁護士から、過去の未払い残業代として600万円を請求する旨の内容証明郵便が届きました。

弁護士業務

相手方からの内容証明郵便に驚いて弊所へ相談に来られました。
反論のため出勤簿や運送日報を調べ上げたところ、相手方が未払い残業だと主張する時間の多くが休憩時間に当たると思われたため、代理人として受任して反論したところ、相手方から労働審判が申し立てられました。審理の結果、200万円を支払う旨の和解が成立しました。

弁護士報酬

手待ち時間か休憩時間かが争点となる部分(400万円)を経済的利益とし、交渉事件と訴訟事件に関する弁護士報酬基準を基に算出いたしました。

交渉着手金交渉着手金 審判着手金審判着手金 報酬報酬 実費実費
15万円 + 消費税 15万円 + 消費税 30万円 + 消費税 2万円

※この事案は弁護士費用の参考のための架空の設定です。