【ブログ:白浜の思いつき】京都で弁護士・法律相談ならお任せください。

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ
白浜の思いつき
白浜の思いつき

2015/12/16

弁護士の廃業の増加に歯止めがかかりつつある?

自由と正義の2015年の1月から12月号に掲載された請求退会者の数は合計で358名に留まりました。昨年の合計が374名でしたから、弁護士の自主的廃業の増加が減少に転じる傾向が生じたことになります。
さらに、具体的な特徴を検討するに、6月号までの合計は、2015年が197名だったのに対して、2014年は182名ということでした。つまり、6月号までは廃業者の増加の傾向は留まる気配はなかったということになります。2015年の6月以降に、自主的廃業の増加傾向に歯止めがかかったということになるようです。
また、弁護士登録番号の1万から3万未満の方の退会者数は、2014年の合計が127名であったのに対して、2015年は86名ということでした。他方、登録番号が3万以上の方は、2014年が230名だったものが、2015年には260名となっています。要するに、中堅の方々の中で、自主的に廃業する方が増えていたものが、多少減少する傾向が生じたことで、全体としての廃業者の増加傾向に歯止めがかかったということになるようです。
これらの結果がなぜ生じているのかは、私にはよくわかりません。