京都で弁護士・法律相談なら私たちにお任せください

弁護士法人 白浜法律事務所

0752233444
0752233444
お問合せ

弁護士のご紹介

白浜徹朗

弁護士
白浜 徹朗しらはま てつろう

プロフィール

1960年2月生、佐賀県杵島郡白石町(合併前は有明町)出身、佐賀県立白石高等学校を経て、京都大学法学部卒業、司法研修所39期、初期登録事務所は福井啓介法律事務所。

主な経歴

  • 平成14年度  京都弁護士会副会長
  • 平成27年度  京都弁護士会会長
  • 平成29年度  京都弁護士協同組合理事長
  • 弁護士会では、業務推進委員会と法律相談センター運営委員会での仕事の機会が多かったのですが、最近では、元会長としてやるべき業務を担当することが多くなっています。

自己分析

本来の業務に加えて、弁護士会関係の仕事が多くなっています。中堅の弁護士からしても、うるさいオッサンと思われるような存在になってきていますが、弁護士という業界が大きく変質している中、いい方向へ舵を向けるようにすることが、社会全体にとっても大事なことと思って活動しています。

-こだわりの仕事道具は何ですか。
パソコン。昔は自分で組み立てて使っていたこともあります。パソコンを仕事に取り入れたのも早かったと思います。
-弁護士活動のどんなところが面白いですか。
しんどくなっている人を社会的に救うことができるところがいいところです。
-座右の銘は何ですか。
「まずは現場の確認から」 現場に訪れ、人に会わないと分からないことがたくさんあります。
-休日の楽しみは何ですか 。
最近、バイクの中型免許をとったので、休日は毎週の様に1人ツーリングをしています。パーキングエリアなどでバイク好きの方に話しかけられたり、新しい経験ができるのも楽しいです。

仲間からの一言

拝野 厚志
拝野 厚志
見通しのつかない紛争を手品のように解決します。
青野 理俊
青野 理俊
幅広い人脈をお持ちで精力的に活動をされていますが、どうかお体にもお気を付けください。
大杉 光城
大杉 光城
時に厳しくも面倒見の良い、事務所のゴッドファーザー。30年以上にわたる経験に裏打ちされた事件の筋を読むセンスには、いつも助けられています。
津田 一史
津田 一史
ぼぅっとされている印象もあるのですが,途中から必ずスイッチが入ります。スイッチが入った瞬間,他の弁護士が真似できない,紛争解決への幕が上がります。
田村 彰吾
田村 彰吾
懐のとても深い先生です。起こってしまったことは仕方がないと、ありのまま受け入れ、その都度戦略を練り直し、最適解を探し出す。人柄がにじみ出る様な弁護活動をなさっています。
  • 白浜 徹朗
  • 拝野 厚志
  • 青野 理俊
  • 大杉 光城
  • 津田 一史
  • 田村 彰吾